元日本マスターズランキング1位が指導する!!25m50mを速く泳ぐ為の、個人&少人数スイムレッスン
整体院 大阪 守口土居・門真カンピオーネ

HOMEマスターズチームカンピオーネ元日本マスターズランキング1位が指導する!!25m50mを速く泳ぐ為の、個人&少人数スイムレッスン

 

元日本マスターズランキング100m個人メドレー1位

2015年7月、25m×4人フリーリレーで日本マスターズ新記録を樹立した

50mを速く泳ぐ為のスピード養成コーチによる

『25m&50mを速く泳ぐ為の個人

&少人数レッスン』を、

はじめました。

 

あと0.1秒でも速くなりたい『ジュニアの選手』、

マスターズの大会で良いタイムで泳ぎたい『マスターズの選手』

 

ぜひご相談ください!!

 

 

小、中、高と全然ダメダメなスイマーだった僕でも、

 

100個人メドレー59秒4 

50mバタフライ25秒8

50m背泳ぎ27秒8

50m平泳ぎ29秒9

50m自由形24秒3

 

まで上達しました!!

 

その苦労のすえ、身につけたテクニックや練習方法等を

身につけて、今よりも速く泳げるようになりませんか??

 

 

 

初めまして 大阪唯一の水泳短距離専門のマスターズチーム「カンピオーネ」のリーダー&

50mを速く泳ぐ為のスピード養成コーチの巽 公秀です

 

僕は3歳から約35年以上『競泳』を続けています。

 

 小学生〜高校生までは、試合では緊張し、ベストがでなく、何を泳いでも中途半端な成績しか残らず、苦い思い出しか体験できないスイマーでした。

 

 特に高校時代は毎日6000メートル以上を泳ぎ、毎日クタクタになるまで頑張っていたのに、試合ではベストがでず、落ちこんでいたのを覚えています

 

 しかし、大学に入り、自分で『競泳のトレーニング』を研究し、トレーニングの試行錯誤をするようになってから、劇的にタイムが伸び始め、試合でもベストを更新できるようになりました。

 

その後カイロプラクティック整体を学び、競泳選手に特化した『競泳選手の為のスポーツ整体』を研究しました。

 

そのかいがあり、大学時代の『トレーニング方法』、整体学院での『体調管理術』を競泳にいかし、大阪大会予選敗退レベルから関西選手権3位、日本マスターズランキング1位まで実績をアップすることができました。

(高校3年からの6年で、50メートルで2秒、100メートルで5秒タイムを短縮)

 

その後も研究を重ね、爆発的なスプリント力を高める『カンピオーネスプリント練習』で、40歳を超えた現在もベストを更新し続けています

 

■50mを速く泳ぐ為のスピードUP個人&少人数レッスンを実施するきっかけ

 

 率直に言うと、50mのレースと100m、200m以上のレースの時の泳ぎ、一緒になっていませんか??

 

陸上の100mの選手とマラソンの選手がフォームや力の入れ方等が違うのと同じように

 

50mと100m、200mのレースでは、泳ぎのフォームや、力の入れ方が全然ちがいます。

(犬も普段トコトコと歩いていても、いざダッシュする時は飛び跳ねるように走ります)

 

(イルカも普段は脱力してスーっと泳いでいても、イルカのショーで高さ5mのボールにタッチする時は、泳ぎ方が変わり、ものすごいジャンプを見せてくれます)

 

そういった

短距離には短距離の「泳ぎ方や力の入れ方」がある!!

 

短距離には短距離の練習のやり方がある!!

 

そういったことを

あなたにも、身につけて、25m&50mのレースに強くなってほしい!!

 

そう思って

25m&50mのレースのレベルアップに特化した個人&少人数レッスンをやっていこうと思います

 

 

 

 

■25m&50mを速く泳ぐ為の個人レ&少人数レッスンは、

こんな方におススメです

 

短距離トレーニング

※50mを速く泳ぐ為のトレーニングのやり方がわからない

→巽がメニューを組んで、指揮をとって指導します!!


※プルが遅いので、プルを強化するトレーニング方法を教えてほしい

→プルのフォームチェックとカンピオーネスプリントドリルのプル強化ドリルで、徹底して指導します


※キックが遅いのでキックを強化するトレーニング方法を教えてほしい

→キックのフォームチェックとカンピオーネスプリントドリルのキック強化ドリルで徹底して指導します。

 

 

技術面

★自由形

※スタート後の浮き上がりでいつもライバルに離される

⇒スタート練習はできませんが、

壁けり後→ドルフィン→クロールキック→スイムのスピードを速める指導をします

ドルフィンの回数を変化させ12.5mのタイムを何度も測定して、1番タイムの速い浮き上がりを見つけます。

 

※自分に合ったプル(ストローク)を指導してほしい

→あなたに合う合わないのプルのかき方を3種類程度、提案し、実際に25mをタイム測定して、どれが1番早いかを引き出します!!

 

※スピードの出るスプリントクロールキックを教えてほしい!!

→50mクロールに必要な細かくて速いクロールキックの打ち方を伝授します。

 

 


※ターンが苦手なのでどうにかしてほしい

⇒ターンは着地→壁をしっかり蹴れるかに全てがかかっています。

その局面を得意になってもらって、ライバルを突き離すターンテクニックを身につけてもらいます。


※自分のフォームの悪いところを指摘して改善してほしい。

⇒あなたの弱点と良い点を指摘し、

良い点が崩さず、弱点を克服していってもらいます

 

 

バタフライ

※水中ドルフィンキックが遅い

→3種類のドルフィンキックの打ち方を伝授します

壁けり後15m〜25mを測定し、その3種類で一番速いドルフィンキックを見つけます!!

 

その後、鋭くテンポの上がるドルフィンキックに仕上げる為の指導をしていきます。

 

※一番速いうきあがりを見つけてほしい(ターンも含む)

⇒ドルフィンキックを何回打てば、一番速いかを、実際タイムを計って、見つけます

 

※フラットなバタフライを教えてほしい

⇒うねりの少ないバタフライを身につけるための、ドリル、頭の位置、姿勢等を教えます。

それを身につけてうねりの少ないバタフライをマスターしてもらいます。



※自分のフォームの悪いところを指摘して改善してほしい。

⇒あなたの弱点と良い点を指摘し、

良い点が崩さず、弱点を克服していってもらいます

 

 

背泳ぎ

 

※バサロキックが遅い

2種類のバサロキックを教えます。

どちらが速いかを測定します。

 

その後

後半加速して浮き上がるバサロキックを指導して、

スタート&ターン局面からの浮き上がりを強化します!!

 

※キックが得意なので、キックを生かした、背泳ぎを教えてほしい

⇒キックをいかした、ローリングをあまり使わない背泳ぎを教えます。

 

 


※自分のフォームの悪いところを指摘して改善してほしい。

⇒あなたの弱点と良い点を指摘し、

良い点が崩さず、弱点を克服していってもらいます

 

平泳ぎ

※ひとかきひとけりが遅い

⇒けのびの得意、下手で、ひとかきひとけりのタイミングが違うので、その辺を模索して伝授いたします。

 

※50ブレで、空振りしていまう

空振りしない、50ブレに特化したプルのかき方を教えます。

 

※重心移動がうまくいかない

⇒重心移動がスムーズに行くコツを教えます!!

 

※自分のフォームの悪いところを指摘して改善してほしい。

⇒あなたの弱点と良い点を指摘し、

良い点が崩さず、弱点を克服していってもらいます

 

その他

 

 

 

 

 

■料金

 

★約30分ワンポイントスイムレッスン

1人 3500円 (施設利用料別 +巽入場料500円)

2、3人 1人あたり3000円(施設利用料別、+巽入場料500円)

4、5人 1人辺り2500円(施設利用料別 +巽入場料500円)

 

※4,5人様は10分延長した、約40分でレッスンします

巽入場料は1人でも500円、5人でも500円です。

例えば5人いれば、100円ずつ割り勘してもらえればOKです

 

★約60分スイムレッスン

1人 6000円 (施設利用料別 +巽入場料500円)

2、3人 1人あた5000円(施設利用料別、+巽入場料500円)

4、5人 1人辺り4000円(施設利用料別 +巽入場料500円)

※4,5人様は10分延長した、約70分でレッスンします

 

★約90分スイムレッスン

1人 9000円 (施設利用料別 +巽入場料500円)

2、3人 1人あた7500円(施設利用料別、+巽入場料500円)

4、5人 1人辺り6500円(施設利用料別 +巽入場料500円)

※4,5人様は10分延長した、約100分でレッスンします

 

■開催プール

なみはやドーム

サブプール、個人利用できる時に

実施します

なみはやHPはこちら

 

■お問い合わせ

1週間前までに

巽携帯090−9614−8940にご予約のお電話を入れて、ご希望の日時を指定してください。

 

メールでもOKです

info@campione.cc

 

レッスン内容は、

「ひとかきひとけり集中」

「フォームを見てほしい」

「スピード練習を組んで、指導してほしい」

とかの「お題」を決めていただければありがたいです!!

 

 

何かわからない事があればメール下さい

巽が返信します↑↑↑

 

 以上です。長々とお読みいただいてありがとうございました。

 

          以下はスイミングQ&Aです

 

 

 

 

スイミングQ&A

こちらでは、当クラブによくお寄せいただくご質問とそのお答えについてご紹介いたします。
水泳の練習方法や、もっと速く泳ぐための秘訣など、どのようなご質問にもお答えいたしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはinfo@campione.ccまで。

Q1:30歳を過ぎても速くなりますか?(S.Sさん)
A:はい。速くなります。(回答 巽)
30歳を過ぎると、運動をしても疲れやすくなりますよね。それを解消するためにも日常の練習内容に工夫が必要です。
例えば、練習中に10m程度の短いダッシュ練習を5〜10本程度、行うようにしてください。そうすると、20代の頃よりも速く泳げる可能性があります(最近の報告では、30歳を過ぎた方が、ダッシュ力が向上すると言われています)。
多くのマスターズスイマーの皆様は、長い距離を泳ぐことを中心としているようです。しかし、それではマスターズ大会などで、苦い思いをするだけです。当院水泳チームの天野選手は、30歳を過ぎた現在も、800mと1,500mで自己ベストを更新し、日本記録も保持していますし、内堀選手も、35歳を過ぎて50mで自己ベストを更新し、国体で大阪代表として選ばれています。
年齢を気にすることなく、努力次第で速く泳ぐことはたやすいことなのです。
Q2:私は泳ぐ機会が月に2回程度です。タイムの低下を防ぐ良い方法はありますか?(T.Nさん)
A:お風呂でスカーリングをしましょう。(回答 巽)
泳ぐ機会が少なくなると、水の感覚を忘れてしまい、タイムが低下していきます。
水の感覚を忘れない方法は、お風呂の中でスカーリング(水の中で8の字を描いて水をかく練習)することです。1日1分でもよいので、毎日続けることが大切です。水の感覚を体が覚え、タイムの低下を防ぐことができます。
Q3:1,500mを1本泳ぐのと100mを5本3セットで泳ぐのとでは、どちらが持続力(有酸素能力)がアップしますか?(I.Mさん)
A:どちらも同じくらいです。(回答 巽)
昔は持続力をアップさせるさせるためには、20〜30分の連続した運動が必要と言われていましたが、最近では、短い距離をセットで区切っても持続力がアップするという報告があります。
ただし、800m、1,500m、マラソンスイムなどの能力を向上させる場合は長距離での練習がおすすめです。逆に短い距離を得意とする方や、長距離を泳ぐとフォームが乱れる方は、短い距離でのセット練習の方が良いでしょう。

お気軽にお問い合わせください。

厚生労働大臣認可 カイロプラクティック療法振興事業協同組合指定院

整体&リラクゼーション カンピオーネ

門真店院長 巽先生 門真店(予約最優先) Tel:06-4252-1777 Fax:06-4252-1777
門真店のアクセスマップへ
  • 10:00〜13:30  15:00〜20:00
  • 年中無休

守口土居店 小林先生 守口土居店(予約最優先) Tel:06-6998-0411 Fax:06-6998-0411
守口土居店のアクセスマップへ
  • 10:00〜13:00  14:30〜20:00
  • 年中無休

お問い合わせのページへ

PAGE TOP


Copyright(C) 2005 campione All Rights Reserved.
割引チケットのご案内ページへ トップページへ お問い合わせページへ サイトマップへ